[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

18日間-70℃維持、パナソニックが輸送ボックス開発

2021年1月21日 (木)

サービス・商品パナソニックは21日、ドライアイスなどの保冷剤を用いてマイナス70度の環境を最長18日間保持できる真空断熱保冷ボックス「VIXELL」(ビクセル)を開発したと発表した。ワクチン輸送など、厳格な温度管理が求められる輸送への活用を想定し、年度末の3月頃から製薬会社、流通業者などにサンプル提供を開始、早期の商品化を目指す。

一般的な断熱ボックスは、板状の真空断熱パネル(VIP)を貼り合わせて断熱層を形成しているため、パネルの継ぎ目からの冷気漏れが課題だったが、ビクセルは箱型の立体形状に一体成型する独自加工で継ぎ目をなくし、冷気漏れの課題を解決。57リットルタイプでは断熱材に発泡ウレタンとグラスウールを使用することで、同社の従来開発品と比べ保冷能力を30%向上させた。

ボックス内に蓄熱ユニットを設け、ユニットの内外に保冷剤を充てんすることで温度を維持。ユニットや保冷剤を変えることで、マイナス70度よりも温度が低いドライアイス温度帯、マイナス20度以下、2-8度温度帯など、多様な温度設定に対応する。

断熱材の表面を被うプラスチック製シートは、ドライアイスなどを保冷剤として使用すると脆化温度を下回り、輸送中の落下や振動によってシートが破損するおそれもあるが、衝撃吸収構造を採用することでボックス内シートの破損を軽減。ドライアイス温度帯でも、安定して輸送できるように配慮した。