[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

川崎汽船、米企業のAIで300隻の運航性能評価

2021年2月17日 (水)

ロジスティクス川崎汽船は17日、同社の300隻近い運航船が搭載している船舶統合システム「K-IMS」に関して、米国のシリコンバレーに本社を置く海事ベンチャー企業のベアリングが開発する、AIによるデータ解析技術を採用すると発表した。川崎汽船が20年近くに渡り収集した運航データと融合させることで、運航性能の評価や環境負荷の低減を進めるという。

同社によれば、運航性能の正確な評価については、すでにIoT技術やビッグデータの活用などで一定のレベルで実施できているが、さらなる精度向上をめざす。2019年末からのベアリングとの実証実験では、同社のAIを活用した場合、従来と比べて非常に高い精度で運航性能評価が可能になったとしている。