[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

オリックス、旭ファイバーグラス買収に合意

2013年3月6日 (水)

アパレルオリックスは6日、ガラス繊維製造大手の旭ファイバーグラス(東京都千代田区)の株式96.09%を取得すると発表した。WP1号投資事業有限責任組合、日本政策投資銀行から取得することに合意したもの。

資本参加とともに役員を派遣し、共同経営体制を構築して旭ファイバーグラスの経営全般に参画する。

旭ファイバーグラスは、日本初のガラス繊維専門メーカーとして旭硝子とオーウェンズコーニングの共同出資で1956年に設立。現在はグラスウール事業、工業資材事業、建設工事事業を柱に事業展開している。

主力であるグラスウール事業では、開発・製造面での高い技術力を持ち、住宅用断熱材、高層ビル、多目的ホールなどの建築設備向け断熱・吸音材まで、さまざまなグラスウール製品を手掛けており、国内市場では4割のトップシェアを誇る。

住宅用断熱材の主力製品「アクリア」は、国内唯一のノン・ホルムアルデヒド断熱材として、断熱性能・防火性・コスト面で優位性を確立。2020年の次世代省エネ基準義務化などを背景とした国内住宅での環境対策ニーズの高まりを受け、今後のさらなる需要を見込んでいる。