[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

食品廃棄ロス削減へ4月から1-2か月延長

明星食品、即席麺の賞味期限延長を決定

2014年1月30日 (木)

フード明星食品は30日、インスタントラーメンの賞味期限を4月1日以降の製造分から延長する、と発表した。

業界団体の日本即席食品工業協会では2012年1月から、食品ロス削減に向けて賞味期限延長の可能性を検討。加盟社が保存試験データを持ち寄るなどの検討を重ねた結果、「少なくとも1-2か月の賞味期限延長が可能」との結論に至った。

同協会では、検討結果を踏まえて昨年10月8日に「即席めんの賞味期限設定のためのガイドライン」を改正。同社もこのガイドラインに従い、現在販売している商品の賞味期限を延長できることを確認し、実施することにしたもの。

具体的には、4月1日以降の製造品からカップめんは1か月、袋めんは2か月延長し、それぞれ製造日から6か月、8か月とする。

世界の穀物需給がひっ迫する中、世界の食料生産量の3分の1にあたる13億トンの食糧が毎年廃棄されていると言われており、食品ロスの削減が世界的な課題となっている。

日本でも年間500-800万トンの食品ロスが発生しているとみられており、同社では「食品の賞味期限を延長することで、家庭でのストック期間過多などによる賞味期限切れを含め、食品ロスの削減に寄与することができる」と判断した。

東日本大震災を機に、地震や台風などの大規模災害に対する防災意識の高まりとともに、防災備蓄食の需要が高まっていることも考慮し、賞味期限を延長することで「防災備蓄食としてのインスタントラーメンの価値が向上する」と説明している。

■日本即席食品工業協会による説明
http://www.instantramen.or.jp/about/news/news131108.html