[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

NTTデータ、交通管理ソリューション実現へ中国で実証実験

2014年11月11日 (火)

調査・データNTTデータは10日、交通管理ソリューションの実用化に向けた取り組みとして、中国・吉林市で現地企業と協力し、ビッグデータを活用した渋滞予測・信号制御シミュレーションの実証実験を開始した。

実証実験では、吉林市のバスに搭載された車載端末を通じて収集した市内バス8路線165台のプローブ情報と道路・交通量調査などの統計情報を組み合わせ、渋滞予測・信号制御シミュレーションを行い、吉林市中心部の信号制御を最適化することで、渋滞緩和によるバス運行の円滑化効果を検証する。

NTTデータ、交通管理ソリューション実現へ中国で実証実験

▲出所:NTTデータ

効果検証では、バス移動時間・運行時間間隔・交差点待時間などを信号制御最適化前後で比較することにより、渋滞緩和とバス運行の円滑化効果を評価し、バスの運行時間の遅れを2割改善できるよう取り組む。

今後、実験結果をベースとしたソリューションを実用化し、日本国内、世界各国への展開を図る。