ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

京東集団、中国2都市にロボット配送拠点

2019年1月9日 (水)

話題中国の京東(ジンドン)集団は9日、長沙市とフフホト市に無人配送を強化する「スマート配送ステーション」を設置した、と発表した。

2つのスマート配送ステーションは「自動物流機能」を持つ配送拠点で、自社開発の配送ロボットは最大30個まで荷物を積み込み、半径5キロ以内を自動配送することができる。自動で最短配送ルートを計算し、走行中は障害物を避け、信号を認識する。

▲スマート配信ステーション

利用者は、配送ロボットに搭載している顔認証システムによって「簡単で安全に、そして正確に」荷物を受け取ることができる。設置したエリアでは、人手による通常配送とロボット配送がほぼ半分ずつ配達業務を担い、ステーションがフル稼働した場合は1日2000個の荷物を配送できるという。