[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ムトウ、越谷の新物流拠点にシャープのAGV17台

2019年5月29日 (水)

サービス・商品シャープは29日、医療機器商社のムトウ(札幌市北区)に自動搬送装置(AGV)17台と集中制御システム「AGVオペレーティングシステム」(AOS)を納入したと発表した。4月に同社が新設した物流倉庫「東京SPDセンター」(埼玉県越谷市)で、5月下旬から本格稼働に入る。

▲ムトウに納入した自動搬送装置(AGV)

オペレーティングシステムは、ムトウの倉庫管理システム(WMS)と連携してAGVを最適に制御。商品の入出庫時の搬送からピッキング作業のアシストまで、一連の搬送作業を担う。

シャープが納入したAGVは、磁気テープであらかじめ設定された軌道上を走行するもので、商品の入出庫時には、AGVに搭載のリーダーでバーコードを読み取ることにより、所定の保管棚や荷積み場所などの目的地をWMSから取得、無人で搬送する。6輪台車を連結することで、最大500キロまでの荷物をけん引する能力がある。

▲6輪台車を牽引している様子

ピッキング時は、WMSからの出庫指示をもとにAGVが作業員を対象商品の保管棚前まで先導。モニターにピッキング対象の商品名や商品番号が表示されるため、作業員の習熟度を問わず、最大4件の出庫先の商品を同時にピッキングできるという。