ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

センコー1Q、印西LC開設効果で増収増益

2019年8月9日 (金)

財務・人事センコーグループホールディングスが9日に発表した2020年3月期第1四半期(4-6月期)決算によると、売上高1371億2100万円(前年同期比6%増)、営業利益49億9500万円(6.3%増)で増収増益となった。

主力の物流事業で、18年度に開設した物流センターと19年5月に開設した「印西ロジスティクスセンター」の開設効果が表れ、料金改定や海外グループ7社の子会社化なども増収に寄与し、部門売上963億9000万円(5.8%増)、部門利益42億9000万円(11.3%増)と全体の増収増益をけん引した。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高137,121 [5.9%]529,609 [7.6%]400,565 [7.3%]260,339 [7.4%]
営業利益4,995 [6.3%]19,631 [14.8%]15,794 [18.3%]9,108 [13.9%]
最終利益3,142 [7.6%]11,681 [22.9%]9,552 [28.4%]5,616 [29%]
売上高営業利益率3.6%3.7%3.9%3.5%