[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

セイノーのロジファンド、スタートアップ2社に投資

2020年8月24日 (月)

ロジスティクスセイノーホールディングスは24日、同社が最終的なリミテッドパートナー(LP)として参画するロジスティクスイノベーションファンドに、大垣共立銀行と十六銀行の金融機関2行がLPとして合わせて15億円出資し、ファンドサイズが目標金額の70億円に達し、スタートアップ2社に投資を実行、運用を開始したと発表した。

投資先は次世代ID・キー(鍵)のプラットフォーム「ビットキープラットフォーム」を提供するビットキー(東京都中央区)と、薬局やドラッグストアなどで自分で選んで購入する医薬品のEC事業、オンライン服薬指導・処方薬配送事業を展開するミナカラ(千代田区)で、別の1社に対する投資も予定している。

ビットキーへの投資は既存物流業務のプロセス改善、ミナカラに対しては物流オペレーション領域の拡大を期待する。1件当たりの平均投資金額はアーリー1.5億円、ミドル・レイター2.5億円が目安。