[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東京都のドローン配送実験、KDDIなど5社選定

2020年8月31日 (月)

話題KDDI、日本航空、JR東日本、ウェザーニューズ、テラドローン(東京都渋谷区)の5社は8月31日、東京都が三菱総合研究所に委託したドローン物流プラットフォームの社会実装プロジェクトに選ばれたと発表した。

このプロジェクトは、薬局や病院などに対する医薬品のドローン配送、駅周辺施設のフードデリバリー・警備など、ドローンを用いた物流ビジネスモデルを検討し、2021年度に東京都内で行う実証実験を通じて、運用の課題や収益性などを検証するもの。

都は有人地帯の目視外飛行の実現を機に、ドローンを活用した物流ビジネスなど「空の産業革命」に対応する新たなビジネスの社会実装を目指すため、ビジネスモデル構築を21年度までの2年で支援することにしており、今回のプロジェクトでも医薬品物流領域、駅周辺の物流領域をメインとする輸送サービスの検証を実施し、社会実装に向けたドローン配送の効果的な運用オペレーションの構築を目指す。

ドローン物流基盤の構築には、モバイル通信を活用したスマートドローンプラットフォームを活用。

医薬品のドローン配送では、緊急時や災害時を想定し、メディセオの拠点から聖路加国際病院に向けた医療用医薬品配送を実施し、既存物流の代替や新たな手段としてドローンを実装する。ドローンによる即時輸送と非接触の医薬品配送により、医療技術や公衆衛生向上につなげる狙い。

また駅周辺施設を活用したフードデリバリーや警備などのサービスとして、駅周辺施設で、飲食店から周辺オフィスなどへドローンを活用したデリバリーサービスの実証を検討する。駅周辺施設の巡回警備へのドローン活用も検討対象となる。

▲プロジェクトのイメージ図