[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

旭硝子、インドネシアで生産増強、400億円投資

2013年8月6日 (火)

アパレル旭硝子は6日、東南アジアで苛性ソーダや塩ビなどのクロール・アルカリ製品の需要が拡大していることを受け、400億円を投じてインドネシア子会社のアサヒマス・ケミカル社の生産能力を大幅に増強する、と発表した。

同社は3月に苛性ソーダの生産能力を年産50万トンに増強しているが、さらに塩ビを含む生産設備を追加増設し、2015年末までに稼働を開始する。増設後の生産能力は、苛性ソーダは40%増の70万トン、塩ビ樹脂(PVC)はほぼ倍増の55万トンとなる。

アサヒマス・ケミカル社は、苛性ソーダ・塩素から塩ビまでを一貫生産する東南アジア最大級のクロール・アルカリメーカーで、現在、インドネシアの苛性ソーダ市場で5割超、PVC市場では5割のシェアを持つ。

生産能力を大幅に引き上げることで、インドネシアを中心とした東南アジア地域の旺盛な需要に対応する。