[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

オプトエレクトロニクス製のWindowsOS搭載ハンディ2機種に対応

イーソル、ハンディ向け開発ツールの対応機種拡大

2015年3月2日 (月)

サービス・商品イーソル、ハンディ向け開発ツールの対応機種拡大イーソル(東京都中野区)は2日、無線LAN搭載ハンディターミナル向けのエミュレータ開発支援ツール「eSOL Emusen」(イムゼン)が、オプトエレクトロニクス製のWindowsOS搭載ハンディターミナル「H-15AJ」「H-15BJ」に対応したと発表した。

イムゼンは、ハンディターミナルを使ったシステム開発の負担を軽減できるエミュレータ開発支援ツールで、ハンディターミナル・サーバー間の通信プログラム開発が不要のため、H-15AJ・BJを使ったシステム導入時の開発期間を短縮するとともに、コスト削減につなげることも可能。

国内外の無線LAN搭載ハンディターミナルに対応しており、イムゼンで開発したアプリケーションは、OSが異なるハンディターミナル上で無線エミュレータシステムとして動作させることができる。

利用者は、ハンディターミナルごとのハードウェア依存部を変更するだけで、複数のハンディターミナルを使えるようになるため、開発期間の大幅な短縮と現場のニーズに合わせてハンディターミナルを運用できるようになる。

これまでのハンディターミナル向けのシステム開発で欠かせなかった通信プログラム開発は不要で、利用者はアプリケーション開発に注力できるほか、シミュレータ機能により手元に実機がなくてもハンディターミナル上での動作をイメージしながらアプリケーション開発が行えるため、開発経験を問わず容易に開発できる。

イムゼンは、イーソル製耐環境型ハンディターミナル「PS-9020 eSOL Geminus(ジェミナス)」など各社製ハンディターミナルをサポートしている。

■H-15AJ・BJの詳細
http://www.opto.co.jp/products/handyterminal_win/68.html