[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三井倉庫、横浜・南本牧ふ頭に9500坪の定温倉庫

2016年9月23日 (金)
三井倉庫、横浜・南本牧ふ頭に9500坪の定温倉庫
空白

ロジスティクス三井倉庫ホールディングスは23日、傘下の三井倉庫が横浜港南本牧ふ頭地区(横浜市中区)で定温倉庫の建設工事に着手した、と発表した。

1万695平方メートル(3235坪)の敷地に、SプラスRCの混合構造、地上5階建て(倉庫4層)、延床面積3万1565平方メートル(9548坪)の倉庫を建設。すべての保管庫に定温設備を備える大型施設として2017年10月下旬の竣工を目指す。

計画地は、南本牧ふ頭コンテナターミナルに近いE街区に位置し、本牧ふ頭や大黒ふ頭とのアクセスに優れることから、完成後は横浜港の輸出入貨物オペレーションの効率化につなげる。

17年3月に首都高速湾岸線南本牧ふ頭出入口が開通し、連絡道路が整備されると、南本牧ふ頭と主要幹線道路を結ぶ区間のアクセスが大きく改善されることから、三井倉庫では「横浜港を起点に関東圏一体の輸配送ネットワークを広くカバーする新たな基幹施設」として運用していく考え。

■施設概要
名称:(仮称)三井倉庫南本牧事務所
所在地:横浜市中区南本牧3-20
敷地面積:1万695平方メートル(3235坪)
延床面積:3万1565平方メートル(9548坪)
構造・規模:混合構造(SプラスRC)、5階建(倉庫4層)
主な設備:全館LED照明、全館定温設備、自家発電設備(事務室系統)、入退室管理設備、ITVカメラ、一部壁面緑化採用