[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

カネカ、物流費上昇で樹脂改質剤キロ20円値上げ

2018年4月12日 (木)

荷主カネカは12日、耐衝撃性改良樹脂「カネエースB」「カネエースM」と加工性改良樹脂「カネエースPA」の販売価格について、5月1日出荷分からキロ当たり20円の値上げを行う、と発表した。

カネエースBとカネエースPAは塩化ビニルの建材、パイプ、包装材料などに、カネエースMはポリカーボネートなどのエンジニアリングプラスチックの自動車の内・外装材や電子機器用途に使用されている。

主原料のメチルメタクリレート(MMA)モノマーが需給ひっ迫で高騰し、ほかの原料や物流費、ユーテリティ・コストも上昇基調にあることから「自助努力だけでは限界に達しており、今後の安定供給のためには、需要家への価格転嫁を実施せざるを得ない」と判断した。