ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ハコブのバース管理、マルチテナント型に対応

2019年6月5日 (水)

サービス・商品Hacobu(ハコブ、東京都港区)は4日、同社の物流情報プラットフォーム「MOVO」(ムーボ)の新機能として提供しているバース管理ソリューションが複数企業が利用するタイプの物流施設に対応したと発表した。

受付タブレット利用時に、訪問先拠点を選択できるマルチテナント型物流施設向けの受付機能を実装。最初の導入先として、ロジポート川崎ベイで6月から利用できるようになる。

これまで、複数の企業が利用する物流施設では企業ごとに受付スペースへタブレット端末を設置するケースがあり、受付を行うために入場して1階の待機場まで戻るといったオペレーションが発生、ドライバーに負担が生じていた。

新機能では、タブレット端末で受付を行う際に訪問先拠点を選択することが可能になる。これにより、複数企業が利用するタイプの物流施設でも受付を守衛室前や休憩所などの一か所に集約し、ドライバーの動線上の無駄をなくすことができるようになる。

関連記事
Hacobu、アスクル物流拠点で待機時間半減を実証(2019年4月23日掲載)
https://www.logi-today.com/340931
「トラック待機撲滅・人手不足解消」セミナー(2019年5月29日掲載)
https://www.logi-today.com/343310