[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ロジネットJ、西日本グループ拡大が業績に寄与

2020年5月11日 (月)

財務・人事ロジネットジャパンが11日に発表した2020年3月期の連結決算によると、東日本グループは前期と比べ利益が減少したものの、札幌通運グループと西日本グループがこれを吸収し、全体では売上高656億600万円(前期比6.2%増)、営業利益33億3900万円(5.9%増)の増収増益で着地した。

札幌通運は取扱量の増加と適正運賃収受の取り組みによって19.7%の増益、西日本は事業エリア拡大で18.8%の増収となり、それぞれ利益と売上をけん引した。東日本はEC事業と区域輸送の拡販で増収だったが、拠点統合により7.2%の減益となった。

今期は売上高610億円(7%減)、営業利益27億5000万円(17.6%減)を見込む。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円)
 20/3/通期 [前年同期比]20/3/3Q [前年同期比]20/3/中間 [前年同期比]20/3/1Q [前年同期比]
売上高65,606 [6.2%]50,043 [8.8%]32,491 [12.7%]15,582 [10.5%]
営業利益3,339 [5.9%]2,853 [11.4%]1,930 [28.5%]762 [16.5%]
最終利益2,128 [2.9%]1,878 [11.1%]1,308 [31.6%]539 [20.3%]
売上高営業利益率5.1%5.7%5.9%4.9%