[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

UD・東プレ・日本トレクスなど少数リコール届出

2020年8月7日 (金)

行政・団体国土交通省は7日、対象が100台未満のリコール届出を公表した。7月に届け出があった15件のうち、物流に関連するリコールは次の通り。

■UDトラックス
車名:UDトラックス「クオン」
対象台数:27台
製作期間:2020年(令和元年)3月5日~4月8日

大型トラックのスチール製ディスクホイールにおいて、リム成型の金型が不適切なため、リムとディスクの溶接合わせ面が不均一となり、溶接部の疲労強度が不足しているものがある。そのため、長時間使用すると溶接部に亀裂が入り、最悪の場合、ディスクホイールが破損するおそれがある。

■範多機械
車名:日野「デュトロ」
対象台数:10台
製作期間:2018年(平成30年)9月5日~2019年(令和元年)11月14日

小型凍結防止剤散布車後輪フェンダー部において、フェンダーと、対向ブラケットとタイヤとのすき間が不適切なため、カーブ走行や段差乗越え時にフェンダーと対向ブラケット、タイヤが接触し、最悪の場合、タイヤがパンクするおそれがある。

■三菱ロジスネクスト
車名:ニチユ「トランサー」
対象台数:9台
製作期間:2007年(平成19年)1月9日~2013年(平成25年)9月11日

バッテリ式フォークリフトの電動式パワ・ステアリングにおいて、ステアリング操舵のアシスト設定が不適切なため、ステアリングエンド時に生じる慣性衝突力がリヤアクスルなどの材料強度を上回るものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、当該部品が損傷し、操舵できなくなるおそれがある。

■東プレ
車名:ニッサン「アトラス」他
対象台数:22台
製作期間:2015年(平成27年)3月19日~2020年(令和2年)6月17日

車両総重量3.5トン以下のバン型トラックにおいて、補助制動灯の取付位置が不適切なため、保安基準第39条の2(補助制動灯の基準)に適合していない。

■日本トレクス
車名:トレクス(型式:PFB34118他)
対象台数:51台
製作期間:2016年(平成28年)12月14日~2019年(令和元年)9月11日

セミトレーラのリヤコンビネーションランプにおいて、取付指示が不適切のため、保安基準第37条(尾灯の基準)または保安基準第37条(尾灯の基準)、保安基準第39条(制動灯の基準)に適合しない。

■日本トレクス
車名:トレクス(型式:VFR342BK他)
対象台数:71台
製作期間:2016年(平成28年)7月15日~2019年(令和元年)11月14日

バン型冷蔵冷凍セミトレーラにおいて、ボデーレールとサイドパネルの接合部の施工管理が不適切なため、当該接合部の強度が不足しているものがある。そのため、走行時の負荷により接合部に亀裂が生じ、ボデーレールが剥がれ、最悪の場合、破断してタイヤに接触し、走行できなくなるおそれがある。