[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

神戸製鋼、中国合弁拠点で熱処理設備・倉庫増強

2016年2月25日 (木)

国際2r6oatu1神戸製鋼所は24日、中国江蘇省江陰市の特殊鋼二次加工拠点「JYSF社」へオイルテンパー線の高周波誘導加熱を施す熱処理設備を導入し、製品倉庫を増強することについて、合弁相手の杉田製線などと合意したことを発表した。10月の量産を目指す。

JYSF社は、自動車向けの「冷間懸架ばね用ワイヤー」を製造するため、神戸製鋼所が60%を出資して2005年に設立、07年に本格操業を開始した。

環境規制強化に伴う軽量化ニーズの高まりを背景に、より高強度な冷間懸架ばね用ワイヤーの需要拡大が見込まれることから、高強度材を製造するために必要な急速焼入れ・焼き戻しが可能な熱処理設備の導入を決めた。

これにより、同社は冷間巻き高強度懸架ばね用ワイヤーの供給体制を強化し、中国で拡大する高強度材の需要の取り込みを図る。