[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

大和ハウス、埼玉・草加市に延床5.1万m2着工

2019年12月4日 (水)

▲「DPL草加」(仮称)の竣工イメージ

拠点・施設大和ハウス工業は4日、埼玉県草加市で12月1日にマルチテナント型物流施設「DPL草加」(仮称)を着工した、と発表した。

同施設は、東京外環自動車道「草加インターチェンジ」(IC)、「三郷IC」、首都高速「八潮南IC」からそれぞれ4キロに位置し、東京湾や羽田空港などの物流拠点へのアクセスが良好。首都圏向けの保管・配送拠点だけでなく、北関東や東北地方を対象にした広域配送拠点としても活用できる立地となっている。

建物は免震構造の5階建てで、延床面積は5万1007.91平方メートル。2021年3月15日の竣工を予定しており、テナント2区画を用意するという。

施設の概要
名称:「DPL草加」(仮称)
建設地:埼玉県草加市松江5-758
敷地面積:2万5983.66平方メートル(7860.05坪)
建物規模:5階建
建物用途:倉庫(従用途:事務所)
建築面積:1万362.14平方メートル(3134.55坪)
延床面積:5万1007.91平方メートル(1万5429.89坪)
構造:PCaP/C免造震/耐火建築物
工期:2019年12月1日~2021年3月15日
駐車台数:169台
駐輪台数:60台
テナント数:2区画
トラック待機:4台
梁下有効:5.5メートル