[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日通、医薬品サプライ網構想第2の拠点が完成

2020年12月23日 (水)

▲西日本医薬品センター(出所:日通)

メディカル日本通運は23日、同社が計画する医薬品サプライネットワーク4拠点(東日本、西日本、富山、九州)の2拠点目となる「西日本医薬品センター」が18日に完成したと発表した。10月には九州医薬品センターが完成しており、年明け1月には残る2拠点も運営準備が整う見込み。

西日本医薬品センターは、日通が保有する国内倉庫として「Tokyo-C-NEX」(トウキョウCネックス)に次ぐ規模で、21年1月に完成する東日本医薬品センターと並ぶ大型物流拠点。

(出所:日通)

同社は医薬品の適正流通基準(GDP)を日本へ導入した場合に変化が見込まれる医薬品物流に対応するとともに、医薬品供給のBCP(事業継続計画)対応やドライバー不足をカバーする医薬品サプライネットワークの構築に取り組んでいる。

今回、完成した西日本医薬品センターは、九州医薬品センターとともに西日本エリアへの供給拠点として運用。関西国際空港に近いロケーションを生かし、原料、原薬の輸入や製品輸出といった国内外の医薬品サプライチェーンの戦略拠点に位置づける。

構内では入荷、保管、出荷それぞれのエリアを明確に区分し、入荷用と出荷用の専用エレベーターを設置。入出荷作業の際の防虫管理とセキュリティのために、トラックドック、前室、エアシャワーを配置し、定温・保冷の温度管理、輸出入用の保税エリア、特殊医薬品エリアなどを設置。保管エリアは温度、セキュリティを総合監視する体制も整える。

■倉庫の概要
所在地:大阪府寝屋川市小路南3-19
敷地面積:3万2356.62平方メートル
建築面積:1万7280.02平方メートル
延床面積:6万3564.79平方メートル
構造:鉄筋コンクリート+鉄骨造、地上4階建て
設備:免震構造、非常用発電設備、防虫・セキュリティ設備ほか